自動牛肉製造機を作ってみた。第156回カカオのマインクラフト生活

1 min

このサイトのページには「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。

カカオ村にテクノロジーの進化の波(笑)が来ております。

どうも、カカオ村の村長ことカカオです。

レッドストーン回路むっずいw

悪戦苦闘しながら今回も臨んでみます。

作ったのは「自動牛肉製造機」です。

本当は自動ステーキ製造機にしたかったんですが…。

押し潰すっきゃないぜ…


作ったのはこちら。
いつぞや作って半ば失敗した自動ステーキ製造機を改造しました。


仕組みとしては、牛をガラスで囲われてるところに落とす。

ある程度落としたらスイッチを入れて(手動w)丸石のついた粘着ピストンで牛を押し潰す。

牛がお肉になってホッパーに回収される。

こんな感じです。


牛を呼び寄せる方法は自動ステーキ製造機のときと変わりません。


小麦でどんどん牛を呼び寄せ水流で流していきます。


牛、指定の位置に落下。

いざっ!


スイッチを入れてピストン作動。

阿鼻叫喚ですw


お肉になってこのチェストに入りました。

…これってピストンではなく剣で倒しても似たような手間なんじゃw

ステーキも作れるようにしてみたが…

実はここで終わりではなく、ステーキを作れるようにしてみたんですよ。

ただ問題が…。


チェストからさらにホッパーが続き、かまどへ。


ほいっ!
ステーキできあがり!

つまり、

牛が肉になる→回収→かまどへ→ステーキ完成!

この流れを作ったワケです。
ただこの仕組みの問題点は、かまどに皮が放り込まれたらアウトな点です。

牛は肉だけでなく皮も落とすので、ホッパーで回収された後、皮が先にかまどへ投入されたらそこでもうステーキは製造されないのです。

アイテムの仕分けが必要ってコトか…。

たしかできるはず。
アイテムの仕分けをやってる実況者さんはたくさんいますし。

僕にできるかはまた別の話ですが…。

今回は以上です。

このままじゃ悔しいんでどうにかステーキ製造機をしっかりしたモノにしたいですな。

過去のマイクラ記事

カカオのマインクラフト生活一覧

SPONSORED LINK

カテゴリー:
関連記事