Audible (オーディブル) なら「このすば」などのラノベを声優さんの朗読で聴けるぞっ!

SPONSORED LINK

カカオ
どうもお疲れ様です。
カカオ(@kudoshin06s)です。

本は読みたいんだけど目で活字を追うのは苦手なんだよね…

って方、結構多いと思うんですよね。

まぁ僕のオカンがそうっすw

でも最近はオーディオブックという、朗読を耳で聴くタイプのサービスが登場していまっせ!

実は先日、AmazonのAudible (オーディブル)というオーディオブック を試してみたので、使い心地をまとめます。

SPONSORED LINK

Audible (オーディブル) とは


Audible (オーディブル) は、Amazonがやっているオーディオブックサービスです。

スマホやタブレット、パソコンで専用アプリをインストールして再生して聴く感じ。

PCサイト(Windows・Mac)からストリーミング再生することも可能とのこと(まぁ大抵はスマホでアプリからになると思うけどw)

多くのジャンルを取り揃えていて、読書好きなら何かしら好きな作品が見つけられるはず。

僕はラノベやビジネス書を主に聴いてましたね。

毎月1500円の会費を払って会員になると得られる特典は

  • 毎月好きなタイトルを購入できる「コイン」を1つもらえる
  • 作品単体を30%OFFで買える
  • 追加料金なしのコンテンツも有り

てな感じ。

購入するとAudibleを脱会後も作品は手元に残るんで、コインもらえるのは有難い。

後述するけど、Audibleって単品価格がかなり高めなんですよ。

毎月1500円でコインもらえたり30%オフで買えるのはマジお得!

なお、いつでも退会できるのでご安心を。
2年縛りとか4年縛りなんてないからね!w

カカオ
利用したことない方は30日間の無料サービスがありまっせ!

Audible (オーディブル) の良いところまとめ

今まで読書に割けなかった時間を使える

読書っていうと落ち着いて座って読むか、外だと電車やバスの中ぐらいですよね。

でもAudibleなら徒歩やジョギングの時間を読書に使えるんですよ!

僕は徒歩とジョギング両方でAudibleを聴いてたんですけど、めっちゃ捗りますねぇ。時間を有効に使ってる感が半端ない。

もちろん満員電車の中みたいにスマホ取り出すのも厳しいとこでもいけるっ!

字に目を通さなくては内容が頭に入ってこなかったものが、つり革につかまりながら耳から聴けるからね!!

うん、すんばらしい!

目の疲れからカンペキに開放される

当たり前だけど使うのは目ではなく耳なんで、たとえ目を閉じていても問題ない。

なんならゴロ寝しててもいい(寝落ちには注意だぞw)

本ってたとえ紙でも目に多少の疲れを感じさせるんですよね。

ましてや電子書籍をスマホでずっと読んでると余計に。Kindle Paperwhiteだとかなり目の疲れを軽減できるけど。

できるだけ眼球の負担を減らしたいなら、Audibleを選択するのは1つの手ですな。うん。

ラノベを声優さんの朗読で聴ける素晴らしさたるやさたるや…!!

恐ろしく僕好みのメリットでアレなんですけどねw

2018年10月3日現在、Audibleを見てみると人気のラノベが追加されてました!

などなど。
ちなみに「このすば」は1巻を雨宮天さん、2巻を高橋李依さん、3巻を茅野愛衣さんが、

「ゼロの使い魔」は釘宮理恵さんが、

「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」は茅野愛衣さんがナレーションを担当しているとのこと…!!

こいつぁ最高だぜっ!!

しかも「このすば」にはオーディオブック特別短編集なるものが用意されている豪華っぷり!!

ただテンション上げまくっておいてなんだけど、全巻聴けるようにはなってないんですよね。

これから増えていくといいなぁ。

Audibleの微妙なところ

普通に読んだほうが早い件

うん、普通に読んだほうが早いw

読み上げるスピードを上げることも可能なんですよ。倍速とか。

ただあまりスピード上げすぎると今度は聞き取れないんでw

なので自分の部屋にいるときなど、普通に本を読めるときにAudibleは使いませんでした。

 

ただ読書スピードって人によって違いますからね。

本を読むのが苦手な人にとっては僕が感じたデメリットは感じないかもしれない。

 

図・絵をどうするか問題

図や絵については、活字だけの小説なら全然問題ないんですけどねぇ。

ビジネス書や資料っぽい本だと「図○○をご覧ください」なんてことも。

図は用意されてはいるものの、何せこっちはジョギング中。

 

見れん…。

 

結局、図を見ないまま最後まで聴いてた。

あとで内容を確認すればいいだけの話なんですけど、それはちょっとめんどいなぁと。

カカオ
犬の糞は、いや、ホント参ったw

耳に集中して足下を疎かにしないようにね!

単品でも買えるけど高い

会員でなくても単品でも買えます。

が!

これがかなり高いんすよねぇ。

何冊か調べてみたんですけど、僕が確認した限りでは2000円~、高いのだと4500円ってのもありましたね。

1冊でこのお値段は財布に厳しい。

ただ「朗読」っていうコストがかかってるんで仕方ないんですよね…。

だったらAudibleの会員になって1コインもらってDLしたほうが得ですよねぇ。うん。

【まとめ】活字を読むのが苦手な人には最高

僕のように本を読むのが好きなら、デメリットに挙げた「普通に読むほうが断然早い」というのは引っかかります。

けど、活字を読むのが苦手な人には関係ないですな。

字を読むのが嫌いなために知識獲得のチャンスを逃しているのだとしたら、Audibleは救世主になり得る。

知識獲得以外でも、小説も多く扱っていて物語も楽しめましたよ。

耳から物語が入ってくるってホント楽だったなー。

ラノベ読みとしては、「このすば」などを有名声優さんの朗読で聞けるのがマジ最高!

活字を読むのが苦手な方、あるいは声優ファンの方は一度試してみてはどうでしょ。

最初の30日間は無料で試せまっせ!

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)