『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア8』感想。ベートが大好きになった!!

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

カカオ
どうも、カカオ(@kudoshin06s)です。
ソード・オラトリア8巻を読了したので感想をば。

あらすじ


ベートがファミリアの面々と衝突。

キッカケは7巻終盤でリーネたちが死んでしまったことにある。

リーネの死に際に、ベートがいつもの暴言を吐いたのだ。

それを見ていたロキファミリアの面々が怒りベートは孤立。ひとまずホームからは一時的に出て行くことになった。

その矢先、ベートはレナというアマゾネスの少女と出会う。

って感じの流れです。

カカオ
ベートは自業自得感はあるけどなぜそこまで?

とは思った。だってもう死ぬって分かってるのにトドメ刺すみたいな感じなんですもん。

アイズだけはベートの表情の変化を見逃さなかったみたいだけど。

ただいずれにせよ、ベートがそこまでする理由は序盤では察することはできてもハッキリとは分からなかった。

後々分かってくるけど、有り体に言うと極度のツンデレだった。極端すぎるわw

 

カカオ
以下はネタバレ盛りだくさんな読んだ人向きの内容なので、まだ読んでない人は撤退しよう!僕が面白いと思ったところや気に入ったところをピックアップしていきます。

SPONSORED LINK

ベートの過去が明かされキャラが深まった感ある

ベートの過去が悲しいことの連続だった。

これによってベートってキャラが掘り下げられて、ただの怒りっぽい性格って印象じゃなくなりましたなぁ。

  • ベートは誰も死なせたくない
  • そこで弱い者を侮辱し
  • 弱い者を戦場から遠ざける
  • そうすれば誰も泣かなくて済む
ってワケですな。

あまりにも不器用過ぎる……。

けれど根っこにある「死なせたくない」「泣かせたくない」って気持ちが分かると、ベートってキャラがとても好きになりますね。うん。

ベートに惚れたレナがティオナ級に一途でした

ベートに惚れたレナの登場。

いつぞや港かどっかでベートに襲いかかったけどやられてしまったアマゾネスの少女とのこと。

ティオネもそうだけど、アマゾネスは強い男にやられると惚れてしまうことが多いっぽいw

しかもレナはフィンに惚れるティオネと同じかそれ以上の凄さw

レナがロキファミリアに入ってくれると嬉しいんだけどなー。

ベート、怒りの鉄拳!!ヴァレッタをフルボッコに!!!

序盤はコメディだったけど、中盤以降になるとレナの死(実は生きてたけどw)、

そして己の過去を思い出して苦しむベートが重なって辛い展開に…。

カカオ
これでまた7巻みたいに悲しい終わり方されたらキツいなぁ……

と思いながら読んでたら、ベートがヴァレッタの罠にかかって魔剣食らいまくっていく。

カカオ
耐えてくれベート…!もうすぐアイズが来る……いやできればお前になんとかしてほしい……!!

読んでる僕のボルテージは上がっていく。

そこからのベートの魔法の詠唱ですよ奥さん!!

焦るヴァレッタ。

そして発動されるベートの魔法。

ベート最強説まで飛び出して熱すぎるぜ!!!

ヴァレッタがフルボッコにされる様が爽快でしたな!

7巻から感じていた悔しさも相まって、カタルシスが半端ない!!!!

ベートさん、みんなにツンデレ認定される

アイズに本音をブチまけたベートだったが、実は離れたところにファミリアのメンバーたちがいて全部聞かれてしまった展開がよかった。

ベタだけど、よかった。

もうね、ベタだろうがなんだろうが楽しい雰囲気のロキファミリアに戻らないと悲しいっすよホント。

おかげでベートはツンデレ認定されてブチ切れ。

しかもレナが実は生きていてひょっこり現れてw

でもレナが死んでしまったと思い込んでいたベートが、実はレナの墓前に彼女の好きな花を添えていたのが最高に泣けた。

それをレナの視点から描いていたのが粋っすねぇ。うん。

イヴィルスの残党は未だ健在

物語自体はヴァレッタが倒されたことで進んだけれど、クノッソスの鍵が手に入っていない。

ていうか物語それ自体をちょっと忘れてしまっている感が…。

特にイヴィルスの残党のメンバーを結構忘れてるぞ……。

今回ベートにフルボッコにされたヴァレッタが7巻で猛威を振るったってのはなんとなく覚えてるんだけど。

なので……

「イヴィルスの残党がヤバい精霊を持ってて、それでオラリオを滅ぼそうとしてるから阻止する」

って認識で僕は読み進めました。

それで特に問題なかったw

まとめ

8巻はとにかくベートというキャラを掘り下げていった巻でした。

ダンまちは劇場版や2期も決まっているらしいんですけど、僕はベートを見る目が変わりそう。

あの過去があるからこのキャラなんやな……

みたいな。
楽しみ。うん。

ダンまちの関連記事

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア7』感想。またもアマゾネス大活躍でした。

『ダンまち ファミリアクロニクル episodeリュー』感想。豊穣の女主人のメンバーが強過ぎるw

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか11』感想。あのミタウロスだったのか…。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア6』感想。アマゾネス姉妹の過去はとても過酷だった…。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか10』感想。ベルがシンプルな結論に達したことは嬉しい。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか9』感想。ダンジョンって何なのん?

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア5』感想。外伝でもアルゴノォト君はアルゴノォトしてた。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8』感想。みんな恋してるんだね!

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア4』感想。ベルの存在が物語に影響を及ぼし始めましたな。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか7』感想。とりあえず、ベル君は色々な意味で無事でしたw

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア3』感想。戦闘シーンのクオリティが高すぎて脱帽。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか6』感想。まさに「ピンチはチャンス」って感じでした!

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア2』感想。ザッピングシステムかっ!

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか5』感想。アルゴノゥト君のアルゴノゥトっぷりがスゴかった…!

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか4』感想。武具について語るヴェルフさんカッコイイっす…!

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか3』感想

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか2』感想

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか1』感想

 

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)



Audible (オーディブル) はもう試しました?

AmazonのAudibleに『このすば』や『ゼロ魔』などのラノベが追加されました!

アニメのキャストの朗読で楽しめますよっ!

Audibleは初めての利用なら無料体験もできますのでお気軽にどうぞっ!

聴くだけで最大3000ポイント貰えるキャンペーンも実施中ですよっ!

詳しいサービス内容についてはAudibleのサイトか僕のレビュー記事を参考にどうぞっ!

関連記事:Audible (オーディブル) なら「このすば」などのラノベを声優さんの朗読で聴けるぞっ!