古本屋のバイトってどんな感じ?経験者の僕が語ろう。

SPONSORED LINK

カカオ
どうもお疲れ様です。
カカオ(@kudoshin06s)です。

本が好きな人なら1度は「本屋でアルバイトしてみたい!」って思ったことがあるのでは?

店員さんをパッと見る限りではなんか楽そうですよね。

僕はそう思って、実際に2年間古本屋でアルバイトをしたことがあります。

いやぁ色んな経験ができましたねぇ。とりあえず楽そうとか思ったのは間違いでしたけど。スイマセン。

というワケで今回は「古本屋のバイトってこんな感じだよ!」って具合に書いていきます!

SPONSORED LINK

古本屋のバイトってどう探すの?


どんな仕事以前に、まず探せなければどうしようもない。

僕はというと、求人系のフリーペーパーで見かけて電話・採用となりました。ノリと勢いだったなぁw

ただフリーペーパーだと載ってる求人の数が少ないんで、しっかり探すならネットの求人サイトを利用するのをオススメします。

アルバイト求人サイトはこちら

主な仕事内容

では具体的に仕事内容をば。

僕が働いていたお店のことなので、他とは違う場合もあると思いますがご了承ください。

あと新刊の書店とはめっちゃ違うと思うんでよろしくですw

販売(レジ打ち)

お客さんが商品をレジに持ってくるんで、それをレジにて処理・袋に入れて渡す。

基本はそんだけです。

ただ独自のポイントカードを扱っていたりすると「ポイントカード作りますか?」っていうあの面倒なやり取りが発生しますが…。

買い取り

古本屋と言えば買い取りっすよねぇ。

買い取りのオペレーションについては詳しくは言えないけど、やり方さえ教わればできます。

お店によっては機械でピッとやるだけで終わってそうなところもありそう。

僕のところは本は実際に手にとって査定してたけど、CDとかゲームなんかは専用の端末に読み込ませてすぐさま査定できるようになってました。

これはお店によってやり方違ってきそう。

出張買い取り

免許持ちだと出張買い取りに行くことになってましたねぇ。

お客さんのお宅にお邪魔して、本などを査定、その場で査定額を渡します。

店で査定するのと違って、毎度環境が変わるんで色々大変。

また、普通の買い取りに車の運転が加わっただけなんですけど、わざわざ出張買い取りを利用するだけあって本の量は基本多かったですねぇ。

用意しておいた段ボールにひたすら本を詰めて台車に乗せて、車まで運ぶ。

車に入り切らなくて2往復したこともあったw

体力使いますわ。

カカオ
僕は働き始めて4ヶ月ぐらいから行ってたんですけど、1日の仕事量のうち半分以上が出張買い取りで終わったときも(苦笑

買い取った物の商品化

買い取った本などに値札を張り付ける作業を指します。

本なら値札だけでよかったんですけど、CDとかゲームはビニールでくるんだり、値段の高い物は中身を抜いて別の場所にしまったりとかしてましたねぇ。

地味ぃな作業です。

品出し

商品化した物を棚に置いていく作業です。

それ以上でも以下でもない。

ぶっちゃけ楽な作業なんで、ずっとやっていたいまであったw

掃除

開店前と閉店後、あと夕方にも軽くやっていたのが掃除です。

  • 床のモップ掛け
  • トイレ掃除
  • 店の外の掃き掃除

ぐらいでした。
特に難しいことはない。

レジ開け・レジ締め

これもバイトがやってました。

が!

僕はほとんどやったことないんですよ。

出張買い取り要員だったんで、車の準備したりその日行くお客さんちの場所を調べるのが僕の日課だったんで(苦笑

棚卸し

基本1ヶ月に1回やって、年に1回大規模なのをやってました。

大規模なのは閉店して、その後夜中から朝まででしたね。

棚にある商品をひたすら数えて記録していくだけの地味な作業です。

ただスピードも同時に求められるし、単純作業がずっと続くんで大変でした。

ちなみに僕は短期バイトで普通の書店の棚卸しもやったことがあります。

普通の書店は専用の端末を使いはしたけど簡単だった覚えが(あんまり覚えてない)

良かったこと

本好きの僕、歓喜

小説好きの僕が、文庫本がギッシリ詰まった棚を見て喜ばないワケがない!

あとゲームや音楽も基本好きなんで、品出しのときは最高でしたなぁ。うん。

何が流行っているのか感じ取れる

逆に自分が知らないことも知れる機会が多かった。

例えば流行っているゲームや売れているビジネス書などなど。

買い取って棚に出してすぐさま売れると

「あ、流行ってるんだな」

ってのが伝わってきて面白かった。

カカオ
自分が得意のジャンルだと「これ今売れてるんですぐ商品化して棚に入れといて!」とか指示してたりも。これも楽しかったなぁ。

商品を把握してるんで買い物しやすい

他の店はどうだか知りませんけど、僕が働いてたとこはスタッフも普通に買い物してオーケーでした。

そして日頃から店内の棚を眺めている僕には、どこに何があるのか、何が入荷したかは結構分かっているんで買い物しやすいw

まぁお客さん優先なので、その日入ったものをすぐさま買ったりは遠慮してたけど。

これでスタッフ割があれば…。

微妙だったこと

接客なのでクレームはある

うん、クレームは辛い(こなみ

古本屋の場合だと、買い取り金額が安い!って感じのクレームが多かったですねぇ。

これはもう納得して頂くか、納得が無理なら帰ってもらうっきゃない。

まぁ僕は2年間働いていたけど、この手のクレームは2回か3回ぐらいあったかな?って感じ。

出張買い取りに至ってはクレームゼロでしたね。不思議と出張買い取りはお客さんに恵まれてたなぁ。

腰を痛める可能性がある

僕は幸いなかったんですけど、本が入った段ボールを持ち上げて腰をやっちまったスタッフがちらほら…。

本が入った段ボールって重いんですよねぇ。間違っても2つ重ねて持ったりしたらダメ。

たとえ1つでも台車に乗せて運ぶべし。

カカオ
腰痛めるとホント辛そうだったな…

免許持ってると出張買い取りに行かされる

免許持ってる人は覚悟しておいたほうがいい。

運転苦手な人にとっては嫌だろうなぁ。

僕も正直言って最初、出張買い取りって嫌だったんですよ。

全然知らない道走るのなんて迷いそうだし、本屋の店員のつもりで働き始めたのに…って。

けどいざ出張買い取りに行ってみると、未知との遭遇がたくさんあって、しかもお客さんは暖かいタイプの方が多くてよかった。

やってみたいと分からないですなぁ。うん。

ただ働いてる感覚は本屋というより運送に近かったw

嫌な人は嫌だろうなぁ…。

出張買い取りのエピソードはいくつか記事にしてますんで、興味のある方はどうぞっ。

こんな人に古本屋のバイトは向いてる!

  • 体力がある
  • 本が好き
  • 接客ができる

全てではなくても「体力」と「接客」は欲しいところっすねぇ。

体力は何気に使いました。本の重さ舐めてると痛い目見るぜ…。

「本が好き」っていうのは、好きな物を扱っているほうが楽しいからっていう僕の思いっす。

まとめ

総じて言うと、古本屋のアルバイトは結構楽しかったです。

やはり本好き・ゲーム好きだったのが大きい。

余談だけど僕、PSP本体を自分のお店で買いましたからねw

もし古本屋のバイトに興味を持ったなら、求人サイトで探してみよう!

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)



Audible (オーディブル) はもう試しました?

AmazonのAudibleに『このすば』や『ゼロ魔』などのラノベが追加されました!

アニメのキャストの朗読で楽しめますよっ!

Audibleは初めての利用なら無料体験もできますのでお気軽にどうぞっ!

聴くだけで最大3000ポイント貰えるキャンペーンも実施中ですよっ!

詳しいサービス内容についてはAudibleのサイトか僕のレビュー記事を参考にどうぞっ!

関連記事:Audible (オーディブル) なら「このすば」などのラノベを声優さんの朗読で聴けるぞっ!