【体験談】現役で大学受験に全落ちしたその後に分かった5つのこと

SPONSORED LINK

カカオ
どうもお疲れ様です。
呑気な高校生活を送っていたカカオ(@kudoshin06s)です。

高校生の方はこう思っているのではないでしょうか。

大学受験…現役合格してぇ…

と。

できれば第1希望。
せめて滑り止め。
何より避けたいのは…

全落ち

ですよね…。

ちなみに僕は現役時代に大学受験に全落ちしましたw

今だから草なんか生やせるけど、当時はめっちゃ落ち込みましたねぇ。自業自得なんだけど。

というワケで今回は「現役時代に大学受験全落ちした僕の経験とそこから分かること」について書いていきます。

結論から言うと、以下の5つが分かったことです。

  • 「やりたいこと」が分からなくても気にするな
  • 現役はひとまず大学受験に備えておけ
  • 全落ちしても落ち込んでる暇はない
  • やはり浪人生活は辛かった…
  • でも浪人時代は良い経験になった

記事本文でそれぞれ詳しく説明します。

現役で大学受験に全落ちしたその後に分かった5つのこと

現役で大学受験に全落ちしたその後に分かった5つのこと

繰り返しになりますが高校時代に大学受験に全落ちして、その後に分かったことは以下の5つです。

  • 「やりたいこと」が分からなくても気にするな
  • 現役はひとまず大学受験に備えておけ
  • 全落ちしても落ち込んでる暇はない
  • やはり浪人生活は辛かった…
  • でも浪人時代は良い経験になった

1つずつ解説していきます。

「やりたいこと」が分からなくても気にするな

僕が大学受験に落ちたのはやりたことが分からなかったからです。

どうやって進路を決めればいいのか謎で、諦めて受験に無関心ですらありました。

そもそも「やりたいこと」って考えて分かるものじゃないんです。

とにかく試行錯誤して手を動かしまくって色々経験して、自分が夢中になれることを見つけなきゃいけない。

なのでもし高校生の段階で見つからなくても焦らないでください。

カカオ
ちなみに大人になっても分からないままの人だって大勢いるぐらいだからw

ひとまず大学受験に備えておけ

専門学校はやりたいことが分からない人がいくとヤバいです。

消去法的に大学進学がベターだと思いますね。

最近は「大学に行かなくてもええよ」みたいな意見もあり、僕も条件付きでそれには賛成です。

やりたいことがあれば、っていう条件をクリアすれば…。

でもやりたいことがないなら、ひとまず大学進学に向けて動いておくことをオススメします。

理由は「4年間」と「就職」です。

4年もあれば色々できるので、何かやりたいことが見つかるかもしれません。

もし特にやりたいことが見つからなかった場合は普通に就職するという流れになります。

就職は大卒じゃないとまだまだ厳しい現実があるので、やはり大学に行っておくのがオススメです。

全落ちしても落ち込んでる暇はない

言うまでもないですけど、受験に全落ちするとめっちゃ凹みます…。

でも落ち込んでばかりもいられません。

受験に落ちたら以下の選択肢を検討・決断しなくてはいけません。

  • 浪人するのか
  • 浪人するなら予備校はどこにするのか
  • 予備校に行かず宅浪を選ぶのか
  • 志望校はどこにする?
  • 大学受験は諦めて専門へ行く?

最悪の気分なのに選択肢がどれもヘビーで打ちのめされそうでした…。

でも落ち込んでいる間も時間は過ぎて、次の大学入試が迫っている。

早めに決断して次の一歩を踏み出したいところですね。

「就職」という選択肢もあるかもしれませんが割愛しました。

高校生の就職活動について僕は知らないし、自分の高校時代でも就職は検討しなかったので。

やはり浪人生活は辛かった…

まぁ、お察しだと思いますが…。

浪人生活はマジで辛かったです。。。

大学受験に全部落ちちゃって凹んでる中で勉強しなきゃいけない。

でも高校時代の友達は大学生になってサークルに入ったりして楽しそう。

友達
新歓スゲェ楽しかったぞっ!
カカオ
お、おう…

なんて悲しいやり取りもあった…。

でも浪人生活は良い経験になった

勉強してる机の上
自分をフォローするワケじゃないんですけど、浪人生活は僕の人生においてプラスになりました。

1つの目標のために1年間集中する。

これは良い経験でした。

また浪人生活も慣れるもので、夏あたりになるともうその生活が当たり前になりましたね。

逆に自分の学力が上がることをゲーム的に楽しむこともできたり。

目標に向かってがんばるのって良いことなんだな

ってことを理解できたのが、僕の浪人生活において1番のプラスになったことです。

SPONSORED LINK

僕の高校時代を反面教師にしてください

以下は僕の高校時代の受験失敗談です。

「そりゃ失敗するだろ」って呆れてください。

そして反面教師にして、僕と同じ失敗をしないよう動きましょう。

高2の後半から動き出す人が出たが僕は動かなかった。

僕の周囲では早い人だと高校2年の夏ぐらいから大学受験に備えて塾や予備校に通い初めてました。

仲の良かった友達との会話で

友達
塾のクラス分けテストがあんだよなぁ
カカオ
ほーん(ハナホジ

なんてのがあったのは今でも覚えてる。

ランクの高いクラスになって勉強しないと早慶は狙えないんだとか。

当時の僕には全くピンとこなかった。

高3になるとみんな動き始めたが僕は動かなかった。

高校3年になると半ば自動的にみんな動き始めた感ありましたね。

卒業まで1年を切って、ようやくエンジンスタートってなワケです。

塾や予備校に通い始めた人が急増ですよ。

ちなみに僕のエンジンはまだかかってませんでした。

やりたいことが分からいから動かなかったんです。

どうして大学受験するのか、当時高校生だった僕には分からなかったんです。

試しに高3の夏休みに大学のオープンキャンパスに行ってみたりもしたんですけど

カカオ
いやだから?

って感じでした。
自分のことなのに無関係にすら思えた。

何かやりたいことがハッキリしていればよかったんですけどね。

特に「コレやりたい!」っていうのがなかった。。。

そして大学受験に全落ち…

悲しんでいる様子

季節は高校3年の冬になり、みんなが受験勉強にスパートをかけてました。

僕?

僕はようやっと焦りだして専門学校のオープンキャンパスとか顔出してみたんですけど、大学のオープンキャンパス以上にピンときませんでした。

カカオ
あ、専門はやりたいこと分かってないヤツが行くとアカン…

ってのは直感的に理解できたのはプラスでしたけど。

その後、僕はテキトーな大学を見繕って受験するも全落ちしましたとさ…。

そして高校卒業後に1年間の浪人生活へ突入したのだった…。

カカオ
僕のように高3の冬に焦ると精神的にキツいよ(苦笑)

大学受験に全落ちしたその後に分かったこと|まとめ

大学受験に全落ちするとやっぱ辛いです。精神的にめっちゃ。

たとえやりたいことが特になくてもキツかったですね。

なので高校生1年~2年の方は動けるうちに動いてください。

高校3年で状況的にヤバそうな方は、僕の浪人時代を参考にしてください。

振り返ってみると良い経験でしたよ。

あとこれは受験とか浪人関係なく、僕がよくピンチになると自分に言い聞かせてる言葉なんですけど、

 

カカオ
まぁ死ぬわけじゃねえからwww

 

です。
気楽にいきましょう。

【スタディサプリLIVE】志望大別対策で弱点を克服


大学受験参考書・赤本 専門買取サイト「学参プラザ」


SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)