『Re:ゼロから始める異世界生活18』感想。スバルの演説放送が熱かった…!!

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

カカオ
どうもお疲れ様です。
カカオ(@kudoshin06s)です。
Re:ゼロから始める異世界生活18巻

Re:ゼロから始める異世界生活18』を読了したので感想をば。

『Re:ゼロから始める異世界生活18』感想

あらすじ

17巻での都市庁舎奪還作戦が失敗に終わり、さらには水門が開かれ敵も見方もみんな濁流に飲み込まれるという展開。

もうみんな水に流そうってことではもちろんないw

けれど事態を再びまとめるにはある意味で良い機会でもあった。

スバルたちは再び結集し、プリステラの街を、傷ついた仲間たちを救う策を練る…。

ってな感じ。

感想(ネタバレ無し)

この巻はマジで胸が熱くなって泣ける話でした…。

アニメ1期18話でレムがスバルを再起させた時以来の感動かもしれません。

感動だけでなく熱い展開もあり、ストーリー的に気になる要素も満載。

とても満足です!

カカオ
以下はネタバレ盛りだくさんな読んだ人向きの内容なので、まだ読んでない人は撤退しよう!

僕が面白いと思ったところや気に入ったところをピックアップしていきます。

SPONSORED LINK

リゼロ18巻の面白かったところ

リゼロ18巻で僕が面白いと思ったのは以下の5つです。

  • プリシラ初バトルが圧倒的
  • スバルの演説
  • 結婚式に乗り込んできたスバルとラインハルト
  • 実は縁の下の力持ちなオットー
  • 「レムにとってスバルは英雄」という設定

1つずつ見ていきましょう。

プリシラ初バトルが圧倒的

正確に言うと初ではなかったと思う。
確かプリシラは短編で既に剣を使ったことがありますよね。違ってたらゴメン。

プリシラはキャラからして傲岸不遜だけど、それ相応の強さがあるんですよねぇ。

街中に出没しまくってる異形の化け物を、例の赤い剣でもってバッサリ。

その戦いぶりも、気が付いたら終わってたって感じの不思議さがあって謎。

ラインハルトと戦っても勝っちゃいそうな雰囲気すらある。

カカオ
あの赤い剣ホントなんなのん…。

スバルの演説

18巻で1番良かったのは、プリステラの放送を使ったスバルの演説ですなぁ。

リリアナの歌パワーでどうにかするのかと思ったけど、よもやスバルを使ってくるとは。

怠惰を倒した男っていう理由で担ぎ上げられたけど、放送でそれを言ったのは最後。

自信のない自分をさらけ出して、

諦めきれずに戦う自分もさらけ出して、

魔女教に街を蹂躙された人々を鼓舞していく。

そして最後に、自分は魔女教の怠惰を倒したナツキ・スバルだと名乗る。

めっちゃ良かったなぁ。感動した!

「放送」ってところがまた良かった。

街中の人々を勇気付けるだけじゃなくて、184番へ何を言ったらいいか分からなくなっていたエミリアへも届きましたからね。

それが結婚式でのエミリアの反抗に繋がっていくっていう。

カカオ
熱すぎて泣いた。。。

結婚式に乗り込んできたスバルとラインハルト

まさにレグルスに反抗、バトルが始まるかってところでスバルとラインハルトが式場に殴り込んできたタイミング良かったですなぁ。

挿し絵がまた最高でしたなぁ。

爽やかな笑みを浮かべるラインハルトと不敵な笑みを浮かべるスバル。

それを満面の笑みで喜ぶエミリアなんですよ。

実は縁の下の力持ちなオットー

オットーがスバルの知らないところで動いていたのがグッときましたなぁ。

ロズワールへの疑惑がまだ晴れていなかった件については後述するけど、オットーがスバル陣営にとても愛着を持っていることがとにかく微笑ましい。

その愛着があるからこそ、彼は縁の下の力持ちとして頑張れるんだろうなぁと思った。うん。

「レムにとってスバルは英雄」という設定

スバルがレグルスを倒しに行けるのは、ひとえに「レムにとってスバルは英雄」っていう設定がデカいなと思った。

上のツイートに付け加えると、レムにとっての英雄スバルはエミリアのために頑張ってるスバルでもあるんですよね。

だからこそ、スバルはレグルスを倒す役目を引き受けられたんだと思う。

本文中では「スバルはエミリアの騎士」っていうのもあったんですけど、眠り続けるレムの存在も同等にデカい。

どっちつかずになりそうなんだけど、それは英雄スバルのカッコ良さをレムに見せなきゃってワケで解決する。

カカオ
良く出来てるなぁ。

気になったポイント

18巻を読んでいて「今後どうなるんだろ…」と気になったポイントを挙げていきます。

以下の4つです。

  • 重傷のクルシュ
  • アルの言動の不可解さ
  • なぜベア子は狙われているのか
  • ロズワールへの疑いはまだ残っていた

1つずつ見ていきましょう。

重傷のクルシュ

治癒するのかどうかも気になるんですけど、とにかくクルシュの身に降りかかることの悲劇が多いのが泣ける。

フェリスが怒り狂うのも無理ない。。。

クルシュ陣営の話は短編にもなってるんで、読んでない方は是非読んでほしい。

カカオ
クルシュ達を応援したくなりまっせ!

アルの言動の不可解さ

スバルと同じ境遇のアル。
短編でもその謎っぷりが描かれてましたけど、18巻で彼の言動の不可解さが高まってきてますなぁ。

僕の勝手な想像ですけど、アルは魔女教相手にスバルのような立場に立ったことがあるんじゃないすかね。

ただアルの場合は諦めて、自分の近くにいる人のみを守ることに徹したのでは。分からんですけど。

カカオ
ただそれを抜きにしてもアルの謎は多い。今後の展開に期待っすねぇ。

なぜベア子は狙われているのか

魔女教側が追加の要求で所望してきたのが人工精霊。

それはつまりベア子のことなんだけど…なんでだろ。。。

これはエキドナんとこ行って根ほり葉ほり聞いてほしい案件。

ロズワールへの疑いはまだ残っていた

オットーだけはずっとロズワールを疑っていた件。

要するに「聖域での騒動でロズワールは改心して1年間何もなかった。英知の書も燃えちゃったしオーケー!」

じゃなくて

英知の書にロズワールが従っていたなら、1年以上前のロズワールが英知の書に従って何か仕掛けたかもしれない

っていう話。

もし英知の書が復元できれば、これからあるかもしれない謀略を防げるってワケですな。

さすがは縁の下の力持ち!

ただその英知の書(灰か復元済みかは不明)を、魔女教が欲しがる展開になってしまいオットーが走る羽目になって、ラストでなぜか暴食と遭遇している、と…。

カカオ
良かれと思った行動が裏目に出るというオットーらしい展開でもあるけどw

リゼロ18巻の感想|まとめ

とにかくスバルの演説で人々が奮起する様子がよかった!

エミリアがその演説で勇気をもらう様子はもっとよかった!!

18巻は感動をくれましたなぁ。
ただ戦いはまだ始まろうとしているところ。

この章最後のバトルは19巻へ続く…!

リゼロ関連記事

Audibleで『このすば』などのラノベを声優の朗読で聴ける!

2018年10月3日

 

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)



Amazonでお得に買い物する方法

Amazonで買い物なら、Amazonギフト券を現金で5,000円以上チャージするとお得です。

チャージ額から最大2.5パーセントのポイントが付与されます。


(コンビニ・ATM・ネットバンキング払いが対象)

初回チャージなら1,000ポイントもらえるキャンペーンも開催されています!

カカオ
クレジットカードと電子マネー払いだとポイントもらえないから注意してね!

CHECK!【お得】Amazonギフト券を5 000円以上チャージすると初回1,000ポイント還元される!