『ダンまち外伝 ソード・オラトリア5』感想。外伝でもアルゴノォト君はアルゴノォトしてた。

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア5 (GA文庫)

どうも、カカオです。
『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア5』を見たので感想をば。

あらすじ

59階層の決戦を制し帰還に移る【ロキ・ファミリア】。
だが道中、ダンジョンの異常事態により行動停止となる一行は18階層で野営を行うことに。
そこにはアイズが再会を望む白髪の少年の姿が……
「ベル……?」

昇格の世界最速記録を樹立した少年に興味津々のアイズ達、そして一人不機嫌に陥るエルフの少女。
何とか我慢しようとするレフィーヤだったが──少年がもたらす騒動に、とうとう怒りが爆発する!
「待ちなさぁ────────い!」
「ひいいいいいぃいいいいいいい!?」
冒険者達の束の間の休息編!

束の間の休息編!となってますけど、バトルもしっかりありましたよん。

レフィーヤとベル

ダンまち本筋の時間軸で言うと、ベルたちが初めて18階層に行った時です。

とにかくレフィーヤが焼きもちを焼く巻だったなーと。

それはソード・オラトリア4巻でも散見されてましたけど、5巻は散見どころの騒ぎじゃなかったですw

18階層でベルを追い回し、森で迷って迷子になる始末ですよ。しかもベルといっしょに。

けれど森で迷子になったおかげ?で、闇派閥の残党を見つけ後追うことができた。

が、追跡の最中に敵のモンスターとラップにはまってベルと戦うことに。

レフィーヤとベルという意外な組み合わせはよかったですなぁ。

レフィーヤの魔法とベルのアルゴノォト状態のファイヤボルトを合わせた砲撃は最高でした!

それにしてもベル、本編の外側でもガッツリ戦ってたんだなぁ…。

まとめ

ベル以外にも、ヘスティアファミリアの面々やリューも登場してました。

リューも華麗なバトルを披露してましたよん。

レフィーヤとアイズを足したようなもん、みたいな例えで説明されてましたな。凄すぎるw

逆にアイズの派手なバトル描写はなかったです。

コメディタッチなシーンが多かったですね。

束の間の休息編というだけあります。

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)