『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア3』感想。戦闘シーンのクオリティが高すぎて脱帽。

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア3 (GA文庫)

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア3』を読了したので感想をば。

レベル6になって圧倒するも…

24階層でモンスターが大量発生する謎現象が発生、紆余曲折あってアイズはそのクエストを受け、アスフィ率いるパーティーと殲滅しに行くことに。

彼女たちを待ち受けていたのは、幾度となくアイズの前に現れた食人花と宝玉、さらには赤い髪の女レヴィスだった。おぉ、名前が明らかになりましたな。

前回戦ったときは敗北を喫したアイズだったけれど、レベル6になってからはレヴィスを圧倒、エアリアル無しで。

だがレヴィスは仲間の虹色魔石を食べてパワーアップってなんじゃそりゃ!レヴィスのほかにもうひとり仲間がいたんですけど、どうも彼らは人間じゃあなくてモンスターとのハーフのような存在になり果てているっぽい。

魔石を食べたレヴィスがアイズを押し始めたのだった…。

とにかく戦闘シーンが秀逸!

アイズとレヴィスのバトルだけでなく、アスフィたちの活躍も見物で、優位に立ってはまた逆転され、そこからまた優位に立ってまた逆転され…というひっくり返しの連続。

活字であることを忘れさせるほどの迫力だったかと。

毎巻のことですけど、本当にこのシリーズは戦闘描写の気合いの入れ方が半端じゃないです。作者さんの力量を感じないわけにはいきませんな。うん。

SPONSORED LINK

レフィーヤの成長物語でもある

読みどころはアイズだけではないです。

アイズ視点のように見えて、思いの外レフィーヤの心理描写にも枚数割いてるなーと思いましたね。

この外伝シリーズだと「ベル(主人公)に時間を割かなきゃ」という縛りが解除されるからなのか、色々なキャラクターにスポットが当たって描写されて、そこがまたおもしろい。

とりわけレフィーヤはアイズに憧れているけど追いつくとは到底かなわない(と思っている)上に、詠唱の時間がかかる魔法が最大の武器で近接戦闘では足手まとい。そんな自分にコンプレックスを抱いている。

…という心理描写が丁寧に描かれていて、コンプレックスを越えようと奮闘するレフィーヤの読み応えが僕は大好きです。

今回はベートがグッジョブでしたね~。

口はメッチャクチャ悪いですけど、要は向上心の塊みたいなもんでしかも不器用なんですな。うん。

レフィーヤに発破をかけたときのベートさん、むっちゃカッコよかったです。

ちなみに物語のほうは、レフィーヤの極大魔法が切り札となって大量の食人花を殲滅、ベートの援護もあってアイズは辛くもレヴィスに勝利するもレヴィスは逃走。

宝玉は謎極まりない人物によって持ち去られてしまった。

そして例によってラストで物語本編、ベルに繋げてきましたね~。

アイズがベルに剣を教えよっか、ってところで終わってました。

めっちゃ大満足です。

カカオ
ダンまち原作の他の巻の感想記事はこちら
SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)



Audible (オーディブル) はもう試しました?

AmazonのAudibleに『このすば』や『ゼロ魔』などのラノベが追加されました!

アニメのキャストの朗読で楽しめますよっ!

Audibleは初めての利用なら無料体験もできますのでお気軽にどうぞっ!

詳しいサービス内容についてはAudibleのサイトか僕のレビュー記事を参考にどうぞっ!

関連記事:Audible (オーディブル) なら「このすば」などのラノベを声優さんの朗読で聴けるぞっ!