貫井徳郎『ドミノ倒し』感想。ラストがどうにも…。

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

ドミノ倒し (創元推理文庫)

 

貫井徳郎さんの『ドミノ倒し』を読了したので感想をば。

推理というかなんというか

田舎のショボい探偵、十村がひょんなことから殺人事件で濡れ衣を着せられてしまったコーの無罪を証明するべく捜査をすることになることから物語は始まる。

十村の適当極まりない推理?とジョークが冴えてて面白い。地の文のツッコミも短いセンテンスで書かれているところも笑えてグッドです。

十村以外の登場人物たちもキャラが立っていて思わず吹き出すことが多々あった。普段ラノベしか読まない方にもオススメできます。

ただ、ミステリーとしてはちょっと物足りないです。

十村は手がかりがあればすぐに飛びつき安直に推理してしまうので、ジョークは冴えてますけど、冴えた推理は皆無ですねw

SPONSORED LINK

田舎ネットワーク

この作品の1番のミソは田舎ネットワークですね。

地域住民それぞれが良い意味でも悪い意味でも繋がっている。十村が探偵であることがあちこちで知られていることからも蜘蛛の巣のように繋がっていることが窺えます。

物語終盤では住民同士では繋がっていなくとも警察を介して繋がってたりなど、異様な繋がりも見て取れました(これはこの物語特有の物、だと思いたいw)。

実は僕、田舎暮らしって興味あるんですよ。

でもあまり繋がりが密だというのも疲れそうだなぁとちょっと引いてしまうのも本音です。やはり自分の時間は欲しいですし。

そんなことを考えてる僕は田舎暮らしには向いていないのかもしれませんな。うん。

 

この終わり方は…

この物語、全体的に笑えてとても楽しく読んでいたんですけど、ラストがどうにもいただけません。

元彼女の言葉をふと思い出してきれいに終わっているようにも感じられますけど、結局のところどうなってしまったのか。

 

十村は逃げ延びたのか、署長は無事なの?

 

気になる情報がないまま物語が終わっちゃってるんですよねぇ。

あとは読書はの想像にお任せなんでしょうか。うーん。それはちょっと…。

そこが個人的にマイナスです。それ以外はよかったんですが。惜しい。

 

ドミノ倒し (創元推理文庫)

ドミノ倒し (創元推理文庫)

posted with amazlet at 16.08.31
東京創元社 (2016-06-22)
売り上げランキング: 61,087

 


※カカオのツイッターアカウントです。日常ツイートから後追いゲーマーライフの模様まで色々つぶやいてます。お気軽にフォローしてください。

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)



【期間限定】
新規会員登録の方限定で、AmazonMusicアンリミテッドが3ヵ月無料で利用できるキャンペーンが開催中!

期間は2021年1月11日まで。お見逃しなく!

>>>Amazon Music Unlimited