『ゆるキャン△』第6話感想。メタル賽銭箱は最強の飯テロマシーンですな。

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

どうも。
オタブロガーのカカオ(@kudoshin06s)です。

『ゆるキャン△』第6話を見たので感想をば。

前回の感想は「『ゆるキャン△』第5話感想。リンがコッヘルで作ったスープパスタ、なでしこが作った鍋カレー……メシ描写がどれも美味そうでヤバい。」という記事にありますので読んでない方は合わせてどうぞっ。

僕も信号があんまなくてまったり走れる道を当たり前のようにドライブできる日常を送りたかった…。

関連記事:車を手放したんで心境とか書いてみた。

 

さて。

リンが組み立てていたせいもあってメタル賽銭箱に「可愛らしさ」が付与されて、なんかもうキャラクターアイテム的なポジションになっている感もある。

しかも機能させれば最強の飯テロマシーンですよ奥さん。肉焼きてぇ。

というかメタル賽銭箱って名前じゃないっすよねw

もう僕はメタル賽銭箱って呼ぶ気満々ですけど。

あと気になったんですけど、もしかしてバイクの親父さんってリンちゃんのお爺ちゃんです?

▼次の話はこちら▼
『ゆるキャン△』第7話感想。もはや食うしかない…!!