【改造】30MMで騎士型の機体を作ってみた!

3 min
カカオ

カカオ

どうもお疲れ様です。
30MM大好きカカオでございます。

今回は30MMで騎士型の機体を作ってみたのでお披露目します!

初の騎士型なので色々苦戦しましたが、塗装が圧倒的に難しかった…。

【改造】30MMで騎士型の機体を作ってみた!

立ち姿

かなり派手な騎士に仕上がりましたw

メインカラーをシルバーにするかゴールドにするかで迷ったんですけど、買ったままだったガイアのパールゴールドを試したくてこのカラーに。

カカオ

カカオ

詳しくは後述するけど、パールゴールドはめっちゃ難しかった…

バックパックを着けるかどうかもかなり悩んだんですが、何もないのが1番気に入ったのでこの状態に。

腰回りの装備を外した軽装バージョンも。

軽装だと脚の可動を遮るものが無いので動かしやすいんですけど、スッキリしすぎ…。

というワケで脚の可動域を犠牲にして重武装に戻しました。

バトル的なポージング

脚の可動を犠牲とか書きましたが、左右に広げる分には問題ないのでポージングの幅は割とあります。

盾を装備させて剣を振るうポージングが意外と難しいことを知った…。

余談ですが最近スタンドを新調しました。手持ちのが赤いスケルトンで派手だったのでw

ちなみにこの機体は「スフィダンテ」という名前にして30MM公式戦に投稿しました。

目次に戻る

各部の解説

サイドのアーマーはエアファイターアタックサブマリンのパーツで構成されています。

下半身の正面はアタックサブマリンと指揮官機用オプションアーマー[シエルノヴァ用/ホワイト]のパーツの組み合わせ。

パーツ同士の接着にはランナーを使用してます。

剣はラビオット用オプションウェポン1をそのまま使用し塗り分けました。

肩は防衛作戦用オプションアーマー[シエルノヴァ用/グレー]のパーツの一部を切り出し、指揮官機用オプションアーマー[ポルタノヴァ用/ネイビー]に貼り付けました。

頭部にアイレンズ付けたけど暗くて見えないw

頭部は防衛作戦用オプションアーマー[シエルノヴァ用/グレー]をそのまま使用してます。

胸部はラビオット用オプションウェポン1に付属のものを選びました。なんか騎士っぽいかなとw

スポンサーリンク

制作模様

ここからは制作模様を「工作」と「塗装」に分けて解説していきます。

工作

途中経過1

今回は切ったり貼ったりしたパーツが結構ありました。

できるだけ組み換えのみで作りたかったんですが、肩とシールド、下半身正面のアーマーだけはどうしてもイメージする形にするには切断加工する以外になかったです。

カカオ

カカオ

ちなみにシールドはエスポジットβのパーツをバッサリ切った!

途中経過2

下半身正面のアーマーを構成するパーツの向きを変えてみたり。

内側はこんな感じにしましたが、さらに指で摘まんでる辺りを切断してスッキリさせました。

腰を動かしたときにガリッといきそうで怖ったので(苦笑)

肩の盛りはとにかく切ってヤスって貼って調整して…って感じでした。

あまり切った貼った系の作業はやってこなかったので、結構苦戦しましたね…。

今回から本格的に導入したハイパーカットソー。切りやすいし断面も割とキレイで良かった。

目次に戻る

塗装

塗装はガイアのパールゴールドをメインカラーに決めて進めましたが、下地で結構色味が変わるので使うときは注意ですね。

僕が今回採用したのはサフ下地です。

いつもは何も考えずに黒なんですけど、念のためにテストピース作ってみたらえらい差が出てビックリw

でもここからが地獄の始まりでした…。

https://twitter.com/kudoshin06s/status/1456941736979144704?s=20

とにかく色が乗りにくかったですねパールゴールド…。

結局、新品だったのに1本丸々使い切ってしまいました。新品だった塗料を1機のプラモで使い切るなんて初めての経験ですw

剣とシールドはマスキングして塗り分けました。ちなみに武装に使ったゴールドはパールゴールドではなく、クレオスのレッドゴールド。

パールゴールドは1番好きなゴールドですけど、もう使う気力はありませんw

今回からこちらのタミヤのピンセットを導入したんですが、めっちゃ使いやすいですね。

マスキングテープを貼ったり剥がしたりするときに使ってみたら「今までのピンセットは何だったんや…」と思いましたw買ってよかった!

そのほかの塗料は以下の通りです。

スポンサーリンク

騎士型を作ってみた雑感

とにかく楽しかったですが、独特な難しさも感じました。

いかに騎士っぽく見せられるか

というところがポイントだと思いましたね。

30MMってファンタジーっぽいパーツが謎に結構あるのでサクッといくかと思ったんですけど、普通のパーツを騎士っぽく見立てるのが個人的に難易度高かったです。

カカオ

カカオ

あとパールゴールド塗装がムズかったのが余計だったw

目次に戻る

まとめ

この記事では、僕が改造して制作した騎士型30MMについて書いてきました。

30MMではファンタジー系の武装もありますし、武者っぽい機体や武装も発売されています。

普通のロボ以外の形を作ってみたい人は、1度トライしてみてはどうでしょう。

▼制作動画もあります。

目次に戻る

SPONSORED LINK

カテゴリー:
関連記事