『天空監獄の魔術画廊 3』感想。アネットが直球勝負に出た!

※ネタバレ注意

天空監獄の魔術画廊 III【電子特別版】<天空監獄の魔術画廊> (角川スニーカー文庫)

どうも、カカオです。
『天空監獄の魔術画廊 3』を読了したので感想をば。

 

☆あらすじ

「天空の大監獄」に閉じ込められたリオンはキリカ、レオナ、アネット、フィーネと着実に囚人を増やし、脱獄の計画を進めていた。そんな中、リオンが監獄の次期副署長の座を賭けた戦いにエントリーされてしまい――。

注目はアネットですな。

 

☆リオンに起きたパラダイムシフト

アネットがリオンに告白したシーンに脱帽でしたなぁ。
彼女の告白によってリオンの「人に愛されたことがないから自己犠牲も厭わない設定」が解除されたんですから。

それとリオンの自己犠牲的な姿勢にしっかりと理由付けがされていたこともよかった。
ラノベでよく見る自己犠牲キャラは、取り立てて大した理由付けはされてないんですよね。
ところがリオンについては

 

「人に愛されたことがない。大切な人はいるけど自分でなくても守ってくれればそれでいい」

 

なんて具合なんで自分が犠牲になって守れるならイイと思っていた。
これだけの理由付けがされると納得できるもんです。
作者さんにアッパレですな。

 

 

※『天空監獄の魔術画廊』の関連記事はこちら↓
『天空監獄の魔術画廊 5』感想。キリカ、レオナ、アネット、フィーネを丸っとね!

『天空監獄の魔術画廊 4』感想。いよいよ終盤ですかな?

『天空監獄の魔術画廊 2』感想。2巻になってさらにオモシロくなったぞ!!

『天空監獄の魔術画廊』感想。ギリギリというかアウトな描写っぽいけどオモシロイんでOK!!

※オススメ記事
三年間一次選考落ちを続けてた僕が毎年電撃大賞で一次通過できるようになった裏話。この本を参考にしましたよ。

電撃大賞の拾い上げについて考えてみた

【まとめ】小説家のたまごがフォローすると参考になるTwitterアカウント3選

ネーミング辞典のあまりの便利さに脱帽……。

※物書きならポメラあるといいよ!ポメラ関係の記事はこちら
ポメラだって文字数ぐらい調べられるから!ポメラで文字数を調べる方法を解説してみた

ポメラは小説に向いているのかどうか考えてみた

僕がポメラを手放せないたったひとつの理由

ポメラDM100の使い心地について僕が思ったこと

物書き達よ、ポメラを持って部屋を出よう!

ポメラDM100を購入して1年経った僕が後から追加で買った3つの物


※カカオのツイッターアカウントです。日常ツイートから後追いゲーマーライフの模様まで色々つぶやいてます。お気軽にフォローしてください。

SPONSORED LINK