【サーフェイサー】スプレー缶と瓶で迷ったけど、エアブラシで瓶サフ吹いてよかった。

SPONSORED LINK

(2018年7月12日更新)

どうも。
エアブラシを練習中のカカオ(@kudoshin06s)です。

そう、僕はエアブラシを持ってるんですよ。

関連記事:エアブラシ初始動!

何が言いたいのかと言うと、サフを吹くときにスプレー缶だけでなく瓶サフも選択肢に入ってくるワケです。

……。

 

カカオ
どっちがイイんだ……?

というワケで今回は、サーフェイサーのスプレー缶と瓶を比較していこうと思います。

ちなみに結論から言うと瓶サフを選びました。

それは以下のメリットが僕にとっては魅力的だったから。

SPONSORED LINK

瓶サフのメリット

まず瓶サフのメリットは

 

  • 安い
  • 長持ちする(と思う)
  • 細かいところにイイ具合に吹ける。

 

瓶サフって缶スプレーの半額くらいなの。

僕はポイントが余ってたんでヨドバシ.comで瓶サフの「Mr.サーフェイサー1000 濃いグレー」を買ったんですけど、200円ちょいでした。

現在(2018年7月12日)はヨドバシ.comでは220円です。缶スプレーはというと470円。

安いですねぇ。半額以下ですやん。

と言っても瓶にも色々あって缶スプレーよりお高いのもありますけど。

長持ちすると思うんだけどどうでしょ。

容量的には缶スプレーのほうが多いみたいなんですよ。Mr.サーフェイサー1000(徳用)は170ml。

それに対して瓶サフは40mlです。瓶サフが薄めるコトを考えても、缶スプレーのほうが多いから長持ちしそうなんだけど、僕が使うと早くなくなっちゃうんですよねぇ。

物にもよるけどガンプラだと2体ぐらい。3体は無理w

でも瓶サフは長持ちしそうなんですよ。1体分のガンプラを吹いたんですけど、まだかなり残ってる。

 

単純に僕がスプレー吹くの下手だって話かもしれないけどねっ!

 

奥まったトコとか超吹きやすい。

細かいパーツや構造的に奥まった部分を吹きたいときは、缶スプレーよりエアブラシのほうが楽です。いやマジで。

狙い撃ちするかのようにシューっと吹けるのって最高よ?

吹き加減も調節できるから缶スプレーのように使いすぎちゃった!とかない(僕が下手な以下略)

安さに惹かれて瓶サフ買ったんですけど、瓶サフ最大のメリットはこの吹き加減の調節だと思いましたな。うん。


▲瓶サフで吹いたパーツ。小さい部品だけどエアブラシで吹けばイイ具合に狙える。

範囲が広くて風力半端ない缶スプレーだと、吹けなくはないけどやりづらい。

瓶サフのデメリット

でも瓶サフもイイとこばかりじゃないんですよねぇ。以下は僕が感じた瓶サフのデメリットです。

 

  • エアブラシの用意・片付けが面倒
  • 広い面はスプレー缶のほうが早く終わる。

 

片付けに30分以上かかる。

エアブラシ始めてつくづく感じるのは

 

用意と片付けが超めんどー

 

ってコト。僕の場合は外で塗装してるんで、いちいちエアブラシを外に持ってったりしなきゃいけないから用意も面倒なんですよ。


▲こんな環境で塗装してますw
コレでも改善を重ねたほうなのよ…。

汚れたエアブラシをツールクリーナーで掃除したりとかもしなきゃなんで大変。

今は慣れてきたけど、それでも片付けに30分はかかりますねぇ。

エアブラシを常に置きっぱなしにできる作業部屋があれば改善できるんですけど。

そこいくと缶スプレーは超ラクですよなー。

なにせ持つべきものは缶スプレーと塗りたいパーツだけ。片付けは用意の逆をいくだけ。

広い面はスプレー缶に分がある。


↑こういう細かいパーツの集合体みたいな感じになったときは瓶サフをエアブラシで吹いたほうが楽です。

でも大きなパーツなら缶スプレーのほうが簡単にいく。

過去に作った作品だと1/35のJS-2ですかね。

JS-2完成しました!ガルパンはいいぞ。

2016.01.11

車両部分のでっかいパーツは缶スプレーで吹いてよかった。吹く範囲が広いからあっという間に終わったから。

(まぁ当時はエアブラシ持ってなかったんでスプレー吹くしかなかったんだけど)

まとめ

僕は瓶サフのメリットとデメリットを受け入れて、瓶を使うコトにしました。細かいところ吹きやすいのよ。

まぁ、用意と片付けが半端なくめんどいけど。

スプレー缶も1本ぐらいはストックがあると安心ですな。どうしてもすぐに吹きたいときなんかにいちいちエアブラシ出してらんないw

一長一短あります。

さて、アナタは瓶と缶スプレー、どっちを選びます?

アクリジョンの塗装を考えているならこちらの記事がおすすめっ!

エアブラシ初心者の僕がアクリジョンでガンプラ1体を塗装して分かったコト。

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)