ネット通販でガンプラを安く買うために僕がやっているコトまとめ

SPONSORED LINK

どうも、最近エアブラシを練習中のカカオです。

今回はガンプラを少しでも安く買うために僕がやっているコトを紹介しまっす。

ガンプラ以外にも普通に使えるよっ。

ガンプラを安く買う手順

僕がガンプラを買うときの行動パターンは以下のようになります。

  1. 各サービスの手持ちのポイントをチェックする。
  2. Amazonをチェックする。
  3. ヨドバシ.comをチェックする。
  4. Amazonとヨドバシ.comを比較する。

順に説明していきます。

1、手持ちのポイントのチェック

僕はまず最初にAmazon、ヨドバシ、楽天など、とにかく自分が持っているポイントを全てチェックします。

Amazonをしょっちゅう使っているのでAmazonのポイントが貯まりやすい……と思いきや、使ってるクレカがヨドバシなので案外ヨドバシも結構貯まるんですよ。

【節約】クレカで気がついたらポイントが溜まっている仕組みを作っておこう。

2017.06.19

2、Amazonをチェックする。

よっぽどポイントが貯まっていない限りは、ポイントチェックの後にAmazonで欲しいガンプラの値段を調べます。

Amazonで値段を調べるときはGoogle Chromeの拡張機能「keepa」が便利ですよっ。

Amazonで価格の推移をグラフ化してくれる「keepa」が便利っ!だけど迷わせてくる件。

2017.11.20

3、ヨドバシ.comをチェックする。

僕の場合は使ってるクレカがヨドバシでポイントが貯まっているのでヨドバシ.comもチェックします。

また、購入する物がガンプラではなく塗料の場合は、ポイントの有無は関係なくヨドバシ.comをチェックするコトをオススメしまっす。いやマジで。

プラモ作る人はAmazonだけじゃなくてヨドバシも使ったほうがイイよ。

2017.11.21

4、Amazonとヨドバシ.comを比較する。

ここからAmazonとヨドバシを比べていきます。大切なのは現金が少なく済むほうを選ぶコトですな。

Amazonのほうが安くても、ヨドバシで手持ちのポイントだけで買えちゃうのならヨドバシを選びます。


こんなふうにポイント使って0円で買っちゃうんです。

注意したいのは、ヨドバシはポイント還元率が高さです。

計算してみると「Amazonより安くね!?」と思いがちですけど、そのポイント、ヨドバシでしか使えないですぜ?

現金で安いほうがええです。ヨドバシをしょっちゅう使うのならイイですけどね。随分と品数多いし、還元されたポイントを次の買い物→次の買い物ってな具合にどんどん使っていくのも手。

楽天カードを持っている人は楽天も比べてみてください。ポイントで済むのならそれに越したコトはないですからね。うん。

ちなみに楽天はたまーにチェックする程度であんまり観察できてません。ただ、楽天をほとんど使わない僕にはあまりメリットはないかなーと。

SPONSORED LINK

Amazonのメリット・デメリット

僕は併用してますけど「買い物する場所は一箇所にまとめたい!」って方もいるかもしれないんで、Amazonとヨドバシのメリットとデメリットを挙げてみます。

メリット

  1. Amazonが扱っている場合は安くなっている場合が多い。
  2. 品揃えが豊富

発売前の予約段階だったり在庫が普通にある場合には、Amazon価格の安さは魅力的ですなー。

物にもよりますけど、20%台で安くなってることが多いかと。なんか全然安くなってないキットも見かけるときあるんですけど、観察しているとガクッと値を下げるときもありますぜ。

デメリット

  1. プライム会員でないと2000円以上買わないと送料が無料にならない。
  2. プレミアがついてしまっているキットもある。
  3. 塗料は扱っているものの高い

僕はプライム会員だからいいんですけど、そうでない場合は送料でAmazonの利用を控える人は出てきそうですな。

ガンプラの価格帯ってMGならともかくHGだと千円台、千円切るのも結構ありますからね…。

あと前述の通り塗料の扱いが微妙というか安定しない。うすめ液やサフは普通に扱っていることが多いんですけど、ほかは安いと思ったらガッツリ送料取ってくる業者とかであんま使えないっす。

プレミアについては、品薄でプレミアになっているキットとプレバンで限定発売されてるのですね。マーケットプレイスで高い値段で売られてますぜ…。

でも逆に高くてもとにかく手に入れたいって人にはいいですね。手に入いれる術がないよりは、まだあったほうがマシです。

でもまぁ品薄は再生産を待ち、プレバンについては予約の段階でポチッておいたほうが安く済むのは確かw

バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

ヨドバシ.comのメリット・デメリット

メリット

  1. 塗料が安い
  2. 送料無料
  3. ポイント還元率が10%

特に塗料と送料無料のメリットが大きい。塗料1つの注文でも送料無料ですからね。凄すぎる。

ポイント還元率の高さもすんばらしい。もしガンプラ以外の買い物もヨドバシでガッツリするって人には最高ですな。

余談ですが、ヨドバシ.comで送料について調べると「キャンペーン中だから配達料無料」ってことになってるんですよね。ただこのキャンペーン、ずーっと続いているんでもはや当たり前になっとる感がw

いつまで続くキャンペーンなのか観察して、何か変化があったらこの記事に追記しときます。

デメリット

  1. ポイント還元を加味するとAmazonよりは安いんだけどね……
  2. ヨドバシが扱っている商品しかない。

僕はAmazonで買い物することが圧倒的に多いので……(特にKindleとか)。Amazonでプライム会員なのも、僕をヨドバシ.comから遠ざけている感じがしますね。

もし僕がKindle本を買わず、プライム会員でもなければヨドバシ.comをガッツリ使っていたと思います。うん。

……あんまデメリットじゃないなw

2については結構デメリットです。要は、Amazonで言うところのマーケットプレイス的なのがヨドバシ.comにはないんすよね。

 

マーケットプレイスなんて高いのばっかだろ?いらなくね??

 

と思われるかもしれませんけど、そんな高いのばかりじゃないんですよ。

逆にAmazonよりちょい安かったり、配達はAmazonでやってくれる商品もあったりする。

また、中古も扱っているのも大きい。古いゲームを買いたいときなんかは使えますね。

それに対しヨドバシ.comはヨドバシから在庫がなくなってしまえばそれまでです。もちろん限定キットとかも売ってない(売ってても買わんけど)。

ガンプラだけならあまり考える必要はないかもしれませんけど、フィギュアやゲーム、その他の商品に買う物を拡大させていくと、このデメリットは結構響いてきますな。

古いゲームみたいに新品がないものは「販売を終了しました」ってなっちゃいますからね。

理想は店舗も比べるコトなんだけど……

以前、トイザラスに行く機会があったんですけど、そこでいくつかのガンプラがAmazonやヨドバシよりも安く売っていたんですよ。

僕はいつもネット通販ばっかなんで、店舗は盲点でした。

ただ、店舗まで行って帰ってくる時間を考えると、やはりネット通販に分があるかなぁと僕は思いますけどね。

時間は何よりも大切っ。

時間の使い方が上手くなれば好きなコトができる!

2017.05.24

店舗は出かけた先で偶然あったらチェックする、みたいな感じですな。

【まとめ】ポイント次第です。

最初の「手持ちのポイントをチェックする」が最も重要だと思いますな。

現金減らしたくないもんねー。