『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!11』感想

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!11 大学生編 (富士見ファンタジア文庫)

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!11』を読了したので感想をば。

まさか大学生編が始まるとは…。

 

大学生編スタート

まさかの大学生編がスタートして驚いていますw

でもまた小豆ちゃんの姿が描写されるのはとても嬉しいですはい(←小豆ちゃん推しな人)。

ただ大学生編とはいえ、高校時代ラスト付近から卒業式までしっかりと描かれているところが個人的にはグッド。

鈴木が柏田に第二ボタンをあげようとして小豆ちゃんが興奮してたのが笑えましたw

恋ヶ崎は北海道に引っ越してしまったため、柏田とは遠距離恋愛中。

ここがミソですねぇ。

大学に入った柏田は、同じ大学に入った長谷川と共にオタサーに入るんですけど、オタサーの姫が柏田を狙っていて~という展開に。

オタサー、楽しそうだなぁ…。姫はどうでもいいけど。

大学生編は高校時代とはまた違った面白さがありますね。

すでに恋ヶ崎とという彼女がいる柏田なので、ふたりの恋愛模様が描かれているのがまず良い。

小豆ちゃんと付き合ってたときはしっかりと描かれていたのに、恋ヶ崎の場合はそれがほとんどありませんでしたからね。うん。

SPONSORED LINK

続くのは嬉しいけれど…

10巻できれいに終わっていただけに、嬉しいような不安なような、ちょっと複雑な気分です。

10巻ラストで柏田と恋ヶ崎のかなり先の未来が描かれているので、たとえ大学時代に何があろうともハッピーエンドなのは分かっていますしね(このシリーズでバッドエンドはないと思いますけど)。

なので、大学生編をどう終わらせるのか、どうまとめるのかがとても気がかりであり、要チェックではないかと。

 

 

 

※『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!』関連記事はこちら

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!12』感想。柏田、将来の仕事につながるバイトを見つける。

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!11』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 小豆エンド』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!10』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!9』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!8』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!7』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!6』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!5』感想

『おまえをオタクにしてやるから俺をリア充にしてくれ!4』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!3』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!2』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!』感想

※カカオのオススメ本たち
最新刊を追っているラノベまとめ。どれも面白いよ!(最終更新2015年10月27日)

ラノベ好きにオススメの一般作10冊まとめ

2014年に読んだ本の中から面白い10冊を選んでみた


※カカオのツイッターアカウントです。日常ツイートから後追いゲーマーライフの模様まで色々つぶやいてます。お気軽にフォローしてください。

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)