『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!10』感想

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!10
おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!10

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!10』を読了したので感想をば。

 

☆怒濤の告白ラッシュ!

物語も終盤、ラストスパートということもあり、各キャラクターが本気を出してましたねぇ。
小豆ちゃんの屋上での涙の告白、
長谷川からのまさかの告白、
中学時代に好きだった女子からもアプローチされ、
さらには桃は桃でラジオ番組で柏田への気持ちを相談。
もう柏田モテ過ぎ。さすがクライマックス。
いやぁしかしこの物語、僕だったら小豆ちゃんを選んじゃいますかねぇw
献身的だし優しいし、うん。

 

☆桃に告白してからが長かった

やはり桃に告白してからの期間の長さと、それによる柏田の意気消沈っぷりは必然でしたね。
そんなアッサリと桃が告白を受けてハッピーエンドとはならないだろうとは思ってましたけど。
展開自体はおおよそではありますけど見当はつきましたし、桃が転校してしまってさー大変、というのもありがちではありました。
ただ、そこはやはりこれまでの積み重ねもあって、切ない気持ちにさせられましたね。
これまでずっと協定関係を結んで助け合っていた桃と柏田を知っているからなんでしょう、僕はすっかり感情移入してしまいした。
小豆ちゃんじゃないですけど、思い出って大事だなぁと思いましたね。たとえそれが創作の中であっても。
もし1巻のみでこれだけの内容を積み込めと言われてもおそらく無理だったと思います。
やはり10巻以前の積み重ねがあってこその感動だったと思います。
紆余曲折ありましたけど、とても良い終わり方だったと思います。
スッキリした感じが素晴らしいです。
ほら、最近ってどうも煮え切らない終わり方だったりバッドエンドな具合に終わってしまうものが多々ありますから(苦笑)

 

 

 

※『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!』関連記事はこちら↓
『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!12』感想。柏田、将来の仕事につながるバイトを見つける。

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!11』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 小豆エンド』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!10』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!9』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!8』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!7』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!6』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!5』感想

『おまえをオタクにしてやるから俺をリア充にしてくれ!4』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!3』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!2』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!』感想

※カカオのオススメ本たち
最新刊を追っているラノベまとめ。どれも面白いよ!(最終更新2015年10月27日)

ラノベ好きにオススメの一般作10冊まとめ

2014年に読んだ本の中から面白い10冊を選んでみた


※カカオのツイッターアカウントです。日常ツイートから後追いゲーマーライフの模様まで色々つぶやいてます。お気軽にフォローしてください。