『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!』感想

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! (富士見ファンタジア文庫)

村上凛さんの『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!』を読了したので感想をば。

 

あらすじ

オタクを隠している主人公、柏田が恋ヶ崎という美少女にひょんなことからオタクであることばバレてしまう。

だが恋ヶ崎は自分をオタクにしてくれと頼んでくる。

恋ヶ崎が好きになった鈴木がオタクなので、彼に合わせて自分もオタクにならなければと考えたのだ。

柏田は柏田で好きな女子がいるけど声をかけられない隠れオタチキン野郎で、リア充になりたいと切に願っている。

そこで2人は共闘することになる(始まりは恋ヶ崎が柏田を脅して自分の利になることしかしてないが)。

……という感じで、柏田と恋ヶ崎が奮闘するお話。

あったあったこういうこと……

僕はこの物語をとても面白く思って読み進めたのだけれど、それはこの主人公に自分の中学、高校時代の自分を重ねいたからですね。

はい、思いっきり共感しました(笑)

ちょっとゲームをプレイする程度だったんでオタってほどじゃなかったんですけど、かと言ってクラスカースト上位なんかじゃない。

なもんだからお洒落に気を使ったりとか、髪型をセットしたりとか、今考えると不毛だとしか思えぬ努力に並々ならぬ努力を費やしていたなぁと。

なんかもう、柏田を他人と思えなくなってしまった(笑)

 

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!』関連記事はこちら

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!12』感想。柏田、将来の仕事につながるバイトを見つける。

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!11』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 小豆エンド』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!10』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!9』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!8』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!7』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!6』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!5』感想

『おまえをオタクにしてやるから俺をリア充にしてくれ!4』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!3』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!2』感想

『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!』感想

カカオのオススメ本たち

2015年自分的ベスト本ランキング10位~1位

最新刊を追っているラノベまとめ。どれも面白いよ!

ラノベ好きにオススメの一般作10冊まとめ

オススメ記事はこちら

小説家志望にオススメのバイトはコレ!

削れるところはギャリギャリ削り、費やすべきところには躊躇無く費やすスタイルですが何か。

何をするにしても確保すべきは「時間」です


※カカオのツイッターアカウントです。日常ツイートから後追いゲーマーライフの模様まで色々つぶやいてます。お気軽にフォローしてください。

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)



【期間限定】
新規会員登録の方限定で、AmazonMusicアンリミテッドが3ヵ月無料で利用できるキャンペーンが開催中!

期間は2021年1月11日まで。お見逃しなく!

>>>Amazon Music Unlimited

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください