『クズの本懐』第11話感想。茜さんに当事者意識が芽生えたようです。

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

クズの本懐

どうも、カカオです。
『クズの本懐』第11話を見たので感想をば。

SPONSORED LINK

当事者意識が希薄な茜さん。

今回のポイントは「茜さんの当事者意識」でした。
茜さんがなぜあっちこっちの男どもと関係を持てるのか。それは茜さんに当事者意識が希薄だったから、というのが彼女自身による自己分析。

こういう自己分析できちゃうあたり頭がイイですねぇ。ただ、そんな茜さんでもお兄ちゃん相手には苦戦。

なぜこんな自分を受け入れてくれるのかがサッパリだったようですな。

 

眼鏡を破壊したコトで見えた星

熱海旅行では茜さんがペースを乱されるコトが多々ありました。鐘井先生と関係を持ったのは酒が原因か!?っていうのがおもしろかったw

ただもっと笑えたのがお兄ちゃんの眼鏡破壊。これ、リアルに僕も経験あるんですけど、控えめに言っても最悪です…。

ただお兄ちゃんの場合は眼鏡がなくなったコトで、茜さんという星だけが見えるようになった…このリア充め!

余談ですが、僕が眼鏡を破壊したときはただただ視界がぼやけただけで終わりました。くぅ。

 

元気で生きていればそれでいい。

ねんどろいどぷらす クズの本懐 アクリルキーチェーン 皆川茜
前述の

 

なぜこんな自分を受け入れてくれるのかがサッパリ

 

という茜さんの疑問に対するお兄ちゃんの答が最っ高でしたね。

元気でいればそれでいい。

母親を亡くしているお兄ちゃんだからこそ出せる答ですね…。男好きだろうが浮気しようが生きてさえいればどうとでもなる。

何が悲しいって、この世を去ってしまい会えなくなるのが1番悲しい。そんな1番悲しいコトを知っているから「求めたらキリがない」というスタンスでいられるんですなぁ。

そして茜さんはそんなキャラに遭遇するのは初めてだった、と。自分を丸っと肯定されたのが大きかったんだと僕は思うんですがどうでしょ。

お兄ちゃんがプロポーズして、それを茜さんがオーケーするとは思いませんでしたけど。驚きましたなぁ。

 

…で、花火と麦は?

クズの本懐 安楽岡花火 カンバッジ
なんだか茜さんがメインヒロインの作品のようになりましたな今回。
いやいやメインは花火ですよ。

今回の終盤では麦の恋も完結しましたし、あとは花火とくっ付くだけ…なのかな。まだ一波乱あるような気もしないでもないですが果たして。

 

クズの本懐 8巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)
スクウェア・エニックス (2017-03-25)
売り上げランキング: 213
クズの本懐 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2017-03-29)
売り上げランキング: 3,371

『クズの本懐』関連記事

『クズの本懐』第12話感想。花火と麦は互いを「本物」だと認めてもよかったのでは…。

『クズの本懐』第10話感想。茜さん、お兄ちゃんの扱いに戸惑う。

『クズの本懐』第9話感想。花火は頑張ってやり切ったと思うよ…。

『クズの本懐』第8話感想。ノリと勢いのアンツィオ方式を採用した花火だったが…。

『クズの本懐』第7話感想。鴎端のり子(最可)は自分が可愛いコトを知った上での立ち回りを心得ている模様…。

『クズの本懐』第6話感想。花火が茜のようになれない理由はおそらく…。

『クズの本懐』第5話感想。花火とすれ違いざまに事後報告する茜さんマジ鬼がかってるぜ…。

『クズの本懐』第4話感想。皆川茜がブラックすぎて花火が心配です。

『クズの本懐』第3話感想。どんだけ力入れたら「折れ」そうになるんだw

『クズの本懐』第2話感想。えっちゃん、早くも勝負に出た!?

『クズの本懐』第1話感想。スゲェ契約w