『ダンまち外伝 ソード・オラトリア1』感想。アイズたちにも色々あったんだねぇ…

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア (GA文庫)

 

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア1』を読了したので感想をば。

あらすじ

物語はアイズ視点でベルと出会う少し前の時間軸からスタートします。

どうしてミノタウロスが上の階層にまで来てしまったのかが分かりスッキリしました。

SPONSORED LINK

ロキの言葉は一流の人たちにしか向けられないと思った

「つんのめりながら走りまくってたら、いつか必ずコケる。いつも言っとるな? これからも何度も言おう。だから、忘れんようにな」

ロキがアイズに向けた言葉なんですけど、これは一流の人たちにしか向けられない言葉だなぁと思いましたね。

普通の人はつんのめることも恐れてゆっくり歩きますもん。

実際の世界で例えると堀江貴文さんあたりに向けられてもいい言葉だと思う(苦笑)

騒動を企てていたのはフレイヤだけでなく…

1巻ラストのギルドとガネーシャファミリアが行った祭で起きた騒動。

フレイヤの仕業だというのは分かっていたのですが、その裏側で実はアイズたちも戦い、そしてピンチに陥っていたのが意外でしたねぇ。

アイズは俺Tueeeな具合だっただけに余計に。

レフィーヤとベルは似ている

意志は折れる。何度でも折れる。折れない誓いなどありはしない。
その折れた意志を何度でも直す者が、諦めの悪い者がいるだけだ。

アイズのピンチを助けるべくレフィーヤが詠唱していたシーンが、なんだかベルを見ているようでしたねぇ。

アイズに近づこうと、追いつこうと頑張っているところが特に。

ただレフィーヤとベルが違うのは、彼女の場合は「アイズには追いつけない」と決めてしまっているところでしょうか。

ネガティブな印象もありますけど、アイズの役に少しでも立ちたいという意味も込められているので、なかなかに複雑。助けられてばかりじゃ嫌だ、という気持ちもとても強いですしねぇ、レフィーヤ。

なにはともあれ、レフィーヤの頑張りにアッパレ!

 

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)



Amazonでお得に買い物する方法

Amazonで買い物なら、Amazonギフト券を現金で5,000円以上チャージするとお得です。

チャージ額から最大2.5パーセントのポイントが付与されます。


(コンビニ・ATM・ネットバンキング払いが対象)

初回チャージなら1,000ポイントもらえるキャンペーンも開催されています!(終了日は未定)

カカオ
クレジットカードと電子マネー払いだとポイントもらえないから注意してね!

CHECK!【お得】Amazonギフト券を5 000円以上チャージすると初回1,000ポイント還元される!