『妹さえいればいい。5』感想。サブタイトルをつけるなら「京物語」ですな。

※ネタバレ注意

 

妹さえいればいい。5 (ガガガ文庫)

どうも、カカオです。
『妹さえいればいい。5』を読了したので感想をば。

読了直後の僕がこちら。

5巻でもグルメ描写が光ってましたなー。

出版社のブラックっぷりが炸裂!

京が出版社でバイトをすることになった。これを中心に5巻は展開していった感じでしたね。

京が目の当たりにする出版社のブラックな労働環境やら、作家と編集者の裏事情的な話がおもしろかったです。

 

作家からの原稿待ちで徹夜する編集者。
床に寝っ転がる編集者。
…ううん、ブラックw

 

作家の事情でおもしろかったのがペンネームを家族に秘密にしている件です。

どさくさに紛れてこの本の作者さんも実はペンネームを秘密にしていたけど出版社のミスで家族に知られることになったことが語られていて笑いましたね。

蚕に至っては漫画を描いていることすら家族に秘密にしていたという。

ううん、1人暮らしならともかく実家暮らしではバレるのは時間の問題だったかもね。

ちなみに僕は小説を書いていることもペンネームも家族は知ってます。

が、このブログと「カカオ」という名前は教えてません。ペンネームとカカオは別なんです実は。えへ。

『妹さえいればいい。5』感想|まとめ

春斗が京に告白!
京が伊月に告白!
怒濤の告白ラッシュですよ奥さんっ!
しかも二人とも勢いだ!
でもこういうのは勢いなのかもしれませんな。
リアルも書いてる側も。

告白を抜きにしても、5巻は京が活躍してましたなぁ。

アニメの会議で外野にも関わらず果敢に抗議し伊月を鼓舞したシーンなんかは特によかったです。

周囲の天才たちと自分を比べて落ち込んだり考えたりするところは、なんだか共感したなぁ。

京は伊月にフラれたワケですけど、春斗への返事は保留中。
ううん、どうするんだろこの先…。

『妹さえいればいい。』関連の記事

『妹さえいればいい。14』感想。伊月の成長を感じさせてくれた感動の完結巻でした!

『妹さえいればいい。13』感想。主人公になりたい京に読み応えあり!

『妹さえいればいい。12』感想。メインヒロイン確定(だと思う)

『妹さえいればいい。11』感想。千尋が、伊月が、カニ公が…人間関係が空中分解しそうでヤバい。

『妹さえいればいい。10』感想。千尋が妹であることを知った伊月がアカン状態に…。

『妹さえいればいい。9』感想。TRPGがただの遊びじゃ済まないことになっとる。千尋おおぉぉ!!

『妹さえいればいい。8』感想。千尋の動向が色々な意味で気になった巻でした。

『妹さえいればいい。7』感想。アニメ化に備え1巻から読み直したいかも…。

『妹さえいればいい。6』感想。伊月、那由多、京、春斗の関係がスゴいコトになっとる…!

『妹さえいればいい。4』感想。頭にアレを付けたブッ飛んだ新キャラ登場…!

『妹さえいればいい。3』感想。伊月の願望が真っ直ぐな少年のようでグッドでした。

『妹さえいればいい。2』感想

『妹さえいればいい。1』感想

 

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonで買い物なら、Amazonギフト券を現金で5,000円以上チャージするとお得です。

チャージ額から最大2.5パーセントのポイントが付与されます。


(コンビニ・ATM・ネットバンキング払いが対象)

初回チャージなら1,000ポイントもらえるキャンペーンも開催されています!

カカオ
クレジットカードと電子マネー払いだとポイントもらえないから注意してね!

CHECK!【お得】Amazonギフト券を5 000円以上チャージすると初回1,000ポイント還元される!